建築工事トップイメージ
BAUHAUS
地盤.jp
ピックアップ 施工事例 受賞経歴 高齢者対応リフォーム イベント情報 ボランティア 災害復旧 ブログ ブログ ブログ リンク
土地・建物情報、不動産業務はコチラ▼
賢コーポレーション
システムキッチン・バスなどはコチラ▼
トクラス
熊本県下の不動産情報はコチラ▼
よいふどうさんどっとこむ
社団法人熊本県建設業協会建築部会
タクミライ
住宅瑕疵担保責任保険のことならコチラ▼
住宅保証機構
  • タブ1
  • タブ2
  • タブ3
  • タブ4

高齢化対応リフォームとは

高齢になっても安心して暮らせる住まい

日本は、今や世界有数の長寿国。
高齢化とともに身体機能が衰えるのは仕方ないことです。
しかし室内に段差がある、手すりがない…など、住宅はそのことに対応していません。
そのため、安全と思われる住宅の中にたいへん多くの危険があるといえるでしょう。
住宅も高齢期の生活に配慮し、段差の解消、手すりの設置、出入口や通路の幅員の拡幅などの
リフォームによりバリアフリー化を進めていくことが重要になります。
「住宅に合わせて生活を送る」のでなく、「住み手の事情に合わせて住宅を工夫」する。
これからの人生を住み慣れた住宅で、安心して穏やかに暮らすには
高齢化対応リフォーム(介護改修)が必要です。

子どもから老人まで誰もが暮らしやすい暮らしを

バリアフリー化された住宅は、高齢の方だけでなく
幼児や妊婦の方など、様々な方の移動に優しい住宅であるといえます。
子どもから老人まで、誰もが暮らしやすいバリアフリーの住まいを
リフォームで実現しましょう。


お勧めするリフォームポイント

  • トイレ

    トイレ

    立ち座りが楽にできるよう適切な手すりの設置がポイント。 入り口の段差解消は勿論のこと万一、中で倒れた場合に備えた扉は引き戸か外開きに。
  • キッチン

    キッチン

    設置・機器の操作のしやすさ、水や油がこぼれても滑りにくい床面仕上げ。 イスに座って楽に調理ができるような流し台も揃っています。
  • 浴室

    浴  室

    床が滑りやすく、転倒事故を起こしやすい危険な場所なので、滑りにくい床と、浴槽に適切な手すりの位置が重要。 冬の温度差にも安心な暖房設備もお薦めです。
  • 廊下・階段

    廊下・階段

    夜間に寝室からトイレに至る廊下には十分な配慮が必要。 安全に移動できるよう段差をなくし、手すりや暗がりを作らない足元灯を。 階段の先端(段鼻)は滑りにくくし、手すりは出来る限り両側に。
  • 玄関

    玄関・ポーチ

    玄関も転倒しやすい場所。入り口の段差を無くし、手すりや濡れても滑りにくい床材で安全に。 ドアは将来を考え、引き戸がお薦めです。
  • 寝室

    寝  室

    高齢期には、もっとも長く過ごす空間なので、日当りや風通しなど心地よい条件を配慮。 夜間の排尿に配慮し、トイレを近くに設けます。足元灯などの配慮も必要です。


住まいのバリアフリー商品

  • 手すり
    手すり
    廊下・階段から居室、玄関まわりなどさまざまな場所に対応し、室内の移動をサポートします。
  • キッチン
    キッチン
    座って作業ができるシンクやコンロ。ワンタッチ水栓や昇降式収納棚など、毎日の作業の負担を軽減します。
  • バスリフト
    バスリフト
    電動でシート部分が昇降し、浴槽での立ち座りや出入りをサポートします。
  • 浴室すのこ
    浴室すのこ
    浴室出入口の段差を解消し、すべりにくい構造で安心して入浴できます。
  • 車いす
    水まわり用車いす
    トイレで座ったまま用を足したり、浴室でも使用でき、段差越えと小回り性を重視した介助用車いす。
  • トイレ手すり
    トイレ用手すり
    手すりと背もたれで立ち座りや座ったままの姿勢を補助します。
  • 出入口
    出入口
    使いやすさ、安全性を考慮した自閉機構付の引き戸。簡単に開閉できます。
  • 玄関まわり
    玄関まわり
    段差を小さくする式台や、靴を履くときに便利なたためるベンチなどで外出をサポートします。


知って得する保険と補助金のお話

保険・補助金保険・補助金保険・補助金